水野鍛錬所 日本刀古式鍛錬公開

大阪府堺市で、秋の文化財特別公開イベントに合わせ
水野鍛錬所では、日本刀の古式鍛錬が公開されました。

水野鍛錬所日本刀古式鍛錬

普段、なかなか見ることが出来無い鍛錬の様子を、
間近で見ることが出来ます。

水野鍛錬所

9時からの公開に合わせ、早めに行ったのですが、
すでにかなりの人が、並んで待っておられました。

日本刀が出来るまで

鍛錬場は、それほど広いわけではありませんので、何人かずつに
分けての見学になります。
前の組を待つ間に、日本刀の製造工程を紙芝居仕立てにして
分かりやすく説明して下さいます。

そして、水野鍛錬所の歴史や、数々の実績など

法隆寺にある魔除けの鎌

こちらは、法隆寺五重塔の上にある九輪の四方に備えられてある
魔除け鎌です。
昭和の解体修理の際、水野鍛錬所の2代目が、小鍛冶として参加。
解体した際の、古釘をとかし、鍛え直して作った鎌が、修理完了の際に
備え付けられたそうです。
これは、レプリカではなく、万一の不具合への安全策として倍の8本
作ったうちの1丁です。
法隆寺へ行く機会があれば、ぜひ五重塔の上九輪にもご注目下さい(^_^)

その他、この時には、心柱を繋ぐための大きな釘も作られたそうで、
こちらも実物を見ることが出来ます。

また、ふぐ専用の刺身包丁「ふぐ引」は、下関の料理店からの依頼で
水野鍛錬所が開発した包丁で、通常の柳刃の半分の薄さにまで叩き
伸ばして作られています。
薄く、硬く、弾力のあるふぐ引き包丁が、あの美しいふぐ刺しを生み出します。

そのあたり、水野鍛錬所については、ずいぶん前(10年前になります)に
「鍛冶屋さん訪問」で、レポートしていますので、よろしければどうぞ。

http://www.ehamono.com/master/……izuno.html

 

水野鍛錬所店内で、一通り説明を受け、質疑応答などの後、
社長で4代目の水野康行氏により鍛錬所へ案内されます。
今回、忙しいかと思い、水野さんには連絡せず、全く一般見学者として
行ってましたので、ずいぶん驚かれてしまいました(笑)

水野鍛錬所日本刀古式鍛錬

鍛錬場に入ると、火床で鋼を熱していました。

水野鍛錬所日本刀古式鍛錬

真っ赤に熱せられた鋼を、火床から取り出し、ハンマーで叩きます。

水野鍛錬所日本刀古式鍛錬

赤めては叩き、赤めては叩きを繰り返します。

水野鍛錬所日本刀古式鍛錬

水野鍛錬所日本刀古式鍛錬

こうして鍛えることにより鋼の不純物が取り除かれ、より強靱で
良質な刀の素材となっていきます。

水野鍛錬所日本刀古式鍛錬

だいぶ薄くなってきました。

水野鍛錬所日本刀古式鍛錬

ここで、折り返し鍛錬のために、タガネで切り込みを入れます。

水野鍛錬所日本刀古式鍛錬

水野鍛錬所日本刀古式鍛錬

切り込みの入った鋼を再度、火床に入れて赤め

水野鍛錬所日本刀古式鍛錬

金床の角を利用して、ハンマーで叩いて折り曲げます。

水野鍛錬所日本刀古式鍛錬

完全に二つ折りに重ねられたら、一通りの工程見学は終了です。

水野鍛錬所日本刀古式鍛錬

薄くなってたのが、こんなに分厚くなりました。
これをまた延ばして、折り曲げてと言うのを繰り返したあと、叩き伸ばして
日本刀になります。
今回の公開では、ここまでを見学した後、次待っている人と交代です。

ビデオも撮りましたので、また編集してアップ致しますね。

来年もあると思いますので、興味のある方は、水野鍛錬所のブログ
チェックしてみて下さい(^_^)

http://blogs.yahoo.co.jp/mizuno_tanrenjo